はじめに

パラレルキャリアの必要性

 

この記事では私たちがパラレルキャリアが必要と考える背景について話していきたい。
(私たちが定義するパラレルキャリアとは本業が複数あるような複業であり、本業とボランティアなどは指していない)
まず、先の記事で理想の姿を記したが、そもそも一企業に属しているサラリーマンであればほとんど同じ想いを抱いていると思う。
そして、一度は「独立」とか「起業」などのワードを用いて検索をかけたことがあるだろう。
私たちも同様だ。
しかし、その度に得られる情報は、投資や起業で一発逆転といった再現性の低いものであったり、自由なフリーランス生活などの将来の不安が拭えないものであったりして、有用でないものが多かった。
私たちは現状の環境(リンク)をフイにしてまで起業をする勇気はないし(そもそもそこまで情熱を傾けられるものが見つかっていない)、家族をしっかり養えるくらい将来に渡って安定していたいという気持ちもある。

そこで目を付けたのがパラレルキャリアだ。


パラレルキャリア(parallel career)とは、現代経営学やマネジメントを生み出したことでも有名な、オーストリア人経営学者のピーター・ファーディナンド・ドラッカー(以下P.F.ドラッカー)氏が1999年に発表した著書『明日を支配するもの』内で提唱した、これからの社会における生き方の1つであり、働くということに対する考え方。

パラレル(parallel)は『平行』や『並列』という意味を持つため、パラレルキャリアは『複数の経歴を平行して磨く』というように解釈できる。

提唱したP.F.ドラッカー氏はこのパラレルキャリアについて『本業を持ちながら、第二の活動をすること』という風にまとめている。

参考サイト Bizhint


これであればこれまでの企業の経験も生かせるし、選ぶ企業によっては社会的信用も失わないで済む。
収入も分散させることができて会社への依存度が減ると同時に、成長分野へも参画できる。
下記の理想の姿それぞれに対する課題の解は、複業というパラレルキャリアを形成する過程で見つかるかもしれないのだ。

• 精神的/肉体的に十分に余裕がある
①良くも悪くも会社は多くのサラリーマンにとって最大のストレス源。ストレス源の分散は精神的安定につながる。
②フレックス制度や在宅勤務制度を導入しているなど拘束力の弱い企業を選定することで肉体的負担を軽減。

• 経済的に不安がない
①ダブルインカムとなることで倒産やリストラリスクを分散。
②信用力のある企業を選定することで住宅ローン(住宅購入の是非はここでは置いておこう)などへの影響を最小限にすることが可能。

• 誇りを持ち、自発的に仕事に取り組める
①自身が興味ある分野へチャレンジできる。
②成長分野を選定することで社会への貢献を体感できる。

• 環境変化に対応できる
①1社が潰れても収入がなくならない。
②スキルが積み上がり市場価値の向上が見込める。

 

理想の姿の実現にパラレルキャリアという選択が正しいのか検証していきたい。